TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

20代での転職が有利である3つの理由

f:id:ureshino3406:20180701211409p:plain

一度企業に就職してしまうと、まずは3年やってみて、少しでも大きな仕事を任されるようになるとそれが気になってもう3年、気付けばズルズルといつまでも同じところに居座り続けてしまいます。

 

労働環境や待遇の面で今の仕事に満足している場合にはそれでも問題はないのですが、社会人としての経験を繰り返し積み上げていく中で、あらゆる理由から転職を志す20代の方が多いのも事実です。

 

このままの給与でいいのだろうか?

やりがいを感じられない仕事を続けていてもいいのだろうか?

残業ばかりで自分の時間を使えない状況は健全といえるのだろうか?

 

転職を志す理由は本当にたくさんあると思います。

 

そして、この転職というものには多くの不安や悩みが付きまとうものであり、不安を感じたり悩んだりする時間が長ければ長いほど転職できるチャンスが減っていき、転職できた可能性をつぶしてしまいます。

 

「あの時転職していれば…」という後悔は、時間が経てば経つほど大きくなっていくと言われています。

 

人生という長いようで実際には短い貴重な時間を有意義に過ごすためにも、転職したいなと少しでも思ったならば20代であってもできるだけ早く転職することが重要になってくるんですよね。

 

しかし、転職のことが頭をよぎり転職しようかどうか実際に決断を迫られるときになると、「やっぱり20代で転職するのって早いのだろうか」であったり、「20代で転職をするといっても、一体どうやって転職をすることができるのだろうか」といったような様々な疑問がやっぱり湧いてくると思います。

 

そういった疑問に悩まされていても、1人ではなかなか解決することができないものですよね。

 

でも安心してください。

 

不安に思ってしまう気持ちもわかりますが、20代での転職は中高年になってからの転職よりもはるかに有利で、実際に成功している人もたくさんいるんです。

 

20代での転職は、あなたが思っているよりもはるかに成功しやすいのです。

 

早ければ早いほど、その分だけ自分が希望する業種に転職できたり、自分の希望する待遇(給与や勤務時間、福利厚生)も得られる可能性が高くなるのです。

 

というわけで、この記事では1人ではなかなか解決することができない疑問を解消するために、20代で転職は早すぎるどころかむしろ有利であると言える3つの理由をご紹介したいと思います。

 

20代ではそれほど大きな実績がなくても転職が可能である

f:id:ureshino3406:20180701212136p:plain

そもそも、20代という若さでは実績ががあるかどうかが採用の基本的な基準になることはありません。

 

確かに、20代であってももし大きな実績があるのであればそれは転職の際の十分な自己PRポイントにはなりますし、それが採用される大きな決め手になることもありえるでしょう。

 

ですが、前職で、しかも20代で大きな成功を収めているような転職者というのは転職者全体の割合に対しては圧倒的に少数派であるので、実際の転職市場においては20代の転職希望者で重要視されるポイントはまた別のところにあります。

 

それは、転職者自身の持つ「仕事に対する熱意」であったり「将来的に大きく成長するポテンシャル」であったりするのです。

 

多くの企業では、一般的に「社員の若さイコール何ものにも染まっていない柔軟性がある」と考える傾向が強いため、20代であれば物事をなんでも効率よく吸収する力がありすぐに急成長してくれるだろうという見込みをしている企業が多いのです。

 

だから、転職の際にはそういった熱意であったり自分自身の持つポテンシャルをうまく面接の際にアピールすることが結果を大きく左右するほど大切なんですね。

 

もちろん20代から30代、そして中高年と近づいていくにつれて、そういったポイントを重要視してくれる割合はどんどん減っていきます。

 

また、20代の転職者の場合には入社したあとすぐに即戦力として働くことが期待されているわけではなく、将来的に会社の中で大きな役割を持って働いてもらえるよう、入社後しばらくの間は十分な教育期間が設けられてます。

 

これが未経験である他業種への転職の際に大きな利点となることは、気を見るよりも明らかですよね。

 

一方で、それ以降の年代になると、入社後すぐに他の社員と同様に前線で働く即戦力を持ったプレーヤーとして仕事こなすことが求められるので、第一に前職で身に付けたスキルやこれまでの社会人経験で培われたキャリアが採用に大きく影響してきます。

 

つまりは、30代以降である転職希望者は選考過程で即戦力にならないと判断されてしまった場合、仮にポテンシャルがあったとしてもそれはあまり吟味されず、不採用に終わってしまう可能性が非常に高くなります。

 

以上のことから、転職成功の確率を1%でも高めるという意味で、20代のうちに転職をすることは大きな意味を持つのです。

20代前半では、第二新卒向けの求人に応募することができる

f:id:ureshino3406:20180701001237p:plain

大学を新卒で卒業してから3年以内の転職者であれば、第二新卒という身分で転職活動を進めることが可能になります。

 

この第二新卒と呼ばれる転職者が転職市場において企業からどのような評価を得ているのかをあらかじめ知っておくことが非常に重要になります。

 

なぜなら同じ20代の転職者の中でも、20代前半・20代半ば・20代後半で企業が受ける印象が大きく違ってくるからです。

 

ですこの3つの立ち位置の中で、自分の年齢にあったアピールポイントや戦略から遠くかけ離れた転職活動を進めてしまうと、うまく転職することができてはずの可能性も0になってしまうことがあるのです。

 

上記の3つの年代のうち、大学を卒業後1から3年での転職を志す20代前半の若者(大学院卒の場合は25歳前後になる場合もあり、留学などといった何らかの理由で就職が遅れる場合も含む)で、一度就職をしたが数年のうちに辞職をし転職活動を行う若手求職者のことを第二新卒と言います。

 

特に重要なのは、年々企業の第二新卒に対するニーズが増加傾向にあると言うことです。

 

企業の第二新卒採用の姿勢は非常に積極的であり、企業全体で第二新卒に対する注目度が高まっています。

 

第二新卒が求められる理由としては、先ほどお伝えした転職者自身の持つ「仕事に対する熱意」であったり「将来的に大きく成長するポテンシャル」であったり「何ものにも染まっていない柔軟性」であったり何よりもその若さが大きなウェイトを占めています。

 

それに加え、一度は就職し社会人としての経験がある程度はあるため、一般的な新卒者に比べて社会人としてのビジネスマナーや常識(電話対応の仕方や挨拶、名刺交換の仕方など)、あるいは一定のビジネススキルも身に付けていることに企業は大きな魅力を感じており、新卒採用に比べて就職者と企業との間のミスマッチができるだけ少なくて済むと期待されている側面もあります。

 

だから新卒よりもコストがかからないため、第二新卒を積極的に採用する企業が増加しているのも頷けます。

 

以上のことから、転職成功の確率を1%でも高めるという意味で、第二新卒のうちに転職をすることは大きな意味を持つのです。



20代後半ではキャリアアップ転職をネラウことが可能である

f:id:ureshino3406:20180603101143j:plain

 

ここまで、20代の中でもできるだけ早く転職したほうがよいという趣旨でお話を進めてきましたが、一方で20代も後半になると、これまでの業務に加え企画開発に携わったり、後輩育成に携わったり、マネジメント業務に携わったり、役職が上がったりして社内でのキャリアや培ってきたスキルが高い人材が増えてきます。

 

そのため、今働いている職場よりも給与が高い企業に定食したいと思っていたり、今よりももっと役職が上の仕事につきたいと思っているならばキャリアアップできる求人をピンポイントで狙うことができます。

 

もちろん、キャリアアップ転職にそれ相応のスキルやキャリアが求められることは当たり前ですが、それでも20代のうちはさきほど述べたようにまだまだポテンシャルも評価してもらえるので、少しでもスキルやキャリアがあるという方は積極的にキャリアアップ転職にチャレンジすることをお勧めします。

 

特に、このキャリアアップ転職ではキャリアやスキル次第で中小企業で働いていた方が大企業に転職なんてことも十分可能になってきます。

 

これによって、働いている業界が変わったり役職が変わったりするので、年収が大幅に上昇する転職も実現可能なのです。

 

やはり、20代のうちはポテンシャルを加味してもらえる分、年収もアップさせやすい状況にいるといえるでしょう。

 

以上のことから、転職成功の確率を1%でも高めるという意味で、20代のうちに転職をすることは大きな意味を持つのです。

 

転職サービスを利用するためのポイント!

f:id:ureshino3406:20171011214909p:plain

まず最初にですが、転職サービスを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

このポイントを抑えながら、転職サービスを選んでみてください。

①転職エージェントであるか

まず最初に重要となるのが、その転職サービスが転職エージェントであるかです。

転職サービスは主に二つに分けられ、登録者自信が求人を探す転職サイトと、利用者の希望から求人を探して採用までの道のりをサポートしてくれる転職エージェントがあります。

転職エージェントの場合は、キャリアコンサルタントが年収交渉や日程調整や履歴書の添削、面接対策をしてくれるため、転職サイトよりも様々な面で有利に転職活動を行うことができます。

ですから転職活動を成功させるには、転職エージェントがおすすめです。

②非公開求人を多く抱えているかどうか

公開求人のみで探す転職活動だと、どうしても応募できる企業が限られてしまいます。「ハローワークや求人情報誌で求人を探したけれど、条件がイマイチ…」という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、これらの公開求人は基本的に無料で求人を掲載できるため、経営状況の振るわない企業の求人も含まれているからです。

それに対して非公開求人は、企業がコストを払って転職サービスに求人を掲載しています。そのため公開求人と比較して、採用者に比較的高いレベルを求める代わりに、条件がかなり良いことが多いです。

つまりは非公開求人が多い=魅力的なオファーが多いということです。

③サポートが充実しているか


最後は転職希望者へのサポートが充実しているかです。

これは転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントの質や、面接対策や履歴書、職務経歴書の添削サービスなども含まれます。

優秀なキャリアコンサルタントが多く在籍しており、親身に相談に乗ってくれるサービスを選べるかが重要になってきます。

これらの3つのポイントを全て満たした転職エージェントが次にご紹介するリクルートエージェント になります。

オススメの転職エージェント

f:id:ureshino3406:20171114211404p:plain

サイト:【リクルートエージェント】 

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

こんな不安はありませんか?・自分のアピールポイントが分からない・本当はどの企業が良いか分からない・在職中で時間が取れない

転職活動は、プロを活用する時代です!転職エージェントなら、転職のプロが、マンツーマンであなたの転職を総合的にサポートします! 

   

公式サイト:【リクルートエージェント】  

①ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削!

アピールポイントを的確に伝える文章で先行を突破!

履歴書はあなたの分身であり、書類選考こそ大事なステップです。

あなたの強みやアピールポイントを客観的に考察し、ご希望の企業に対してのポイントを押さえたアドバイスをしてくれます。

②優秀なキャリアアドバイザー

f:id:ureshino3406:20180117221026p:plain

市場価値を把握する手伝いをしてくれる!

また、転職成功実績NO.1の転職業界最大手なだけあり、業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーが多く在籍しています。 

平日は現職との兼ね合いで転職活動が進まない、相談拠点が近くになくて困難という方にはキャリアアドバイザーが状況に応じて面談をしてくれます。

相談時間➡土日・祝日・平日の20時以降でも対応!

初回面談➡対面もしくは電話OK! 相談拠点数業界最多!

③キャリアップをサポート!

f:id:ureshino3406:20180117220959p:plain

言いづらい年収の交渉代行をおまかせ!

企業に直接言いづらい年収や転職先に求める希望を交渉してくれます。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、あなたの気になる条件をアドバイザーが情報定時し入社後の満足度に繋げます。

だからリクルートエージェントがオススメ!

f:id:ureshino3406:20180116222932p:plain

リクルートエージェントは、担当コンサルタントの質も高く非公開求人も多く取り扱っており、間違いなく業界トップの転職エージェントだと言えるでしょう。

利用するのは完全無料なので今すぐ転職する気がなくても非公開求人を見る目的で、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

もし魅力的な非公開求人がなければ退会、と気軽に利用してみることをおすすめします!

 

公式サイト:【リクルートエージェント】