TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

塾講師からの転職が有利である4つの理由

f:id:ureshino3406:20180701211409p:plain

塾講師というお仕事は、メインとなる塾での生徒指導を始め、生徒のカリキュラムやスケジュール設定、講師自身のスケジュール管理、教室内での事務作業や雑務など、扱う業務が多岐にわたります。

 

また、自分自身が塾講師兼塾経営者である場合は、上記の業務内容に加え新規生徒獲得や保護者との面談、アルバイトの管理など教室運営の業務も加わります。

 

塾講師として、あるいは塾講師兼塾経営者として教室を運営していくことは決して簡単なお仕事ではありませんが、非常にやりがいを感じることのできる仕事の1つでもあります。

 

例えば塾講師のお仕事では、

 

自分の指導で生徒の成績が伸びることに、達成感を感じること

自分の好きな教科を教えることができ、充実感を得ること

自分のことを生徒が頼りにしてくれるので、自信を持つこと

 

などといった、多くのやりがいを感じることができます。

 

塾講師として働いている人は、少なからずこのようなやりがいを感じて働いていると思います。

 

ところが、実際に就職して塾講師のお仕事を経験してみた結果、自分の思い描いていた理想と現実のギャップに悩まされ、1〜2年で他業種への転職を検討する人もたくさんいます

 

自分が正しいと信じていた指導法では、生徒の成績を伸ばすことができなかった。

自分が勉強するのとそれを生徒に教えるのとでは、全く異なるものだと気づいてしまった。

思いのほか、生徒たちが自分の言うことを聞いてくれなかった。

 

学生時代にアルバイトをしていて塾講師あるいは塾経営者というお仕事の実際を知っていて就職した人には少ないのですが、これらのギャップが苦痛で仕事に耐えられなくなってしまう人が後を絶たないのが塾講師というお仕事でもあります。

 

実際に、塾業界での就職後3年以内の離職率は40〜50%と言われており、転職する人が半分近くいるというのが現状なのです。

 

塾講師というお仕事は基本的に生徒の勉強を指導することがメインであるため、転職を考える人の中には「勉強ばっかり教えている塾講師から他業種へ転職するのは難しいのではないか」と考えてしまう人もいるでしょう。ふ

 

「仮に転職できたとしても、塾講師としての経験への社会的な評価は低く、自分の望んだような転職はできないのではないか」と感じてしまう人もいると思います。

 

ですが、安心してください。

 

確かに塾講師のメインのお仕事は生徒指導ですが、お仕事の全体像を見渡したとき、そこには転職を有利にする要素がいくつもあります

 

塾講師のお仕事の持つ性質、あるいは塾講師としての経験を通して身に付けたスキルは決して塾業界だけでしか活きないというものではなく、あらゆる業界で普遍的に役に立つ立派な自己PR要素なのです。

 

というわけで、この記事では塾講師からの転職が実は有利である「4つ」の理由をご紹介していきます。

 

塾講師には熱血な人が多い

f:id:ureshino3406:20180701211842p:plain

塾講師のお仕事をしている、あるいは塾業界に携わっている人の多くは自分の生徒に対し毎日溢れんばかりの愛情を持って熱血指導をしています。

 

面白くて楽しい、分かりやすくて成長を実感できる、そんな授業を行う一方で、もし生徒が間違った方向に進もうとしたら全力で叱ることもしばしばあります。

 

人生経験も少なく、今勉強しておかなければ将来どうなってしまうのかを理解できていない生徒たちに、絶えず今勉強しておくことの重要さを伝え続ける先生。

生徒が何度宿題を忘れてきても何度計画通りに勉強が進まなくても、何度でも宿題の量を調節してしたり計画を練り直してあげる先生。

授業内容を理解してもらうためにはどんな工夫をするべきなのか、教材作りや指導方法をとことん研究する先生。

 

塾講師の全員が熱血な人であるわけではありませんが、塾講師を志した人の中には熱血な人が多いのは事実です。

そしてこの熱血さというのは、塾業界だけでなくどんな業界にいっても通用する資質なのです。

 

結局、人間というのは感情によって行動するのであって、そのヒトの感情にうったえて行動を起こさせるのがこの熱血さなのです。

 

営業職にしろ、企画開発にしろ、製造業にしろ、どんな分野でも熱血さが人に行動を起こさせます。

 

だから、塾講師の持つ熱血さという資質は、顧客に行動を起こさせるという点で非常に有用な自己PR要素なのです。


塾講師は立派な成果主義である 

f:id:ureshino3406:20180701211950p:plain

塾講師というお仕事は、社会人であれば学習指導に特化したいわば受験のプロなのです。

 

少子化が進んでいる今、将来の夢や目標がある子供たちにとっては、厳しい受験戦争を乗り越えるための塾と塾講師は学校の先生と並ぶくらい、いやそれ以上に重要な存在であると言えるでしょう。

 

少子化が進んでいる現状、塾業界では子供という少ないパイを多くの塾で取り合っている状態であります。

 

それ故、少ない子供たちの中から多くの子供たちを塾に引き付けるためには、何よりも成果が重要であるのは言わずもがなですよね。

 

プロの塾講師たちは生徒たちに予習復習という反復的な作業を行わせながらも、自分自身の指導法の面においては生徒に納得させる技術や生徒の関心を引きつける話術、必ず成果を出すための計画性といった、結果を出すための力が要求されます。

 

塾講師というお仕事も立派なビジネスであり、何よりも成果主義がものを言いますから、どれだけ自分の生徒たちを有名校に合格させることができたのかが結局は自分の給与を左右します。

 

どうすれば生徒の成績が伸びるのか。

 

このたったシンプルな問いの答え方は個々の生徒に合わせて何パターンもあり、それも複雑に影響し合っているので、あらゆる手法を検討していく必要があります。

 

だから、常に何十人あるいは何百人もの生徒の成果を同時並行で考えている塾講師は、成果が自分の利益に直結するということをいやでも理解しています。

 

営業職にしろ、企画開発にしろ、製造業にしろ、どんな分野でも利益という成果が常に求められるのは言うまでもないですよね。

 

だから、塾講師という成果主義のお仕事は、常に利益を追求しているという点で非常に有用な自己PR要素なのです。

 

塾講師は教え方にこだわりがある 

f:id:ureshino3406:20180701212136p:plain

塾講師というお仕事ほど、こだわりだしたらキリがない仕事はありません。

 

成果主義とつながるお話なのですが、やはり成果(生徒の成績向上あるいは志望校合格)を出すためには生徒への教え方が重要になってきます。

 

もちろん、教えるのとは別に予習復習も非常に重要ではあるのですが、そもそも生徒が理解できなければ問題に取り組ませることができません。

 

問題に取り組むことができなければ試験で成果を出すこともできないので、やはりまずは教えるということが成果を出すことの絶対条件だと言えそうです。

 

そしてこの教え方ですが、塾講師の多くが自分自身の教え方に強いこだわりを持っています。

 

例えば、

 

ただ教科書やテキスト通りに教えるのではなく自分なりの具体例を多用しながら教える

教えている問題に役立つような雑談をうまく交えながら教える

一方通行な指導ではなく、生徒自身に常に問いかけをしながら教える

生徒のモチベーションを高く保てるよう、問題をうまく剪定して教える

 

などなど、どうすれば生徒が問題を理解できるのか常に工夫し続けています。

 

営業職をはじめ、ほとんどの仕事は顧客とあるいは取引先と直接対話をしながらビジネスを進めていきます。

 

その対話の中で、自社のサービスをいかに素晴らしいものとして顧客に伝えられるかは、その伝え方1つで決まってしまいます。

 

だから、塾講師というお仕事には、相手に理解してもらえるよう伝え方にこだわりがあるという点で非常に有用な自己PR要素なのです。


塾講師は立ち回りが上手い

f:id:ureshino3406:20180701212340p:plain

塾講師というお仕事は一見すると自分の生徒たちとしか関わっていないように思われますが、実は多くの人との関係をうまく保ちながら進めていかなくてはいけない仕事です。

 

まずメインとなるのは生徒たちですが、毎月のお月謝を支払っているのはその親御さんたちです。

 

彼らの満足がなければ、塾講師としての仕事は成り立ちません。

 

基本的には、「お金を払っているのだから」というスタンスでいろいろな難題を突きつけてくるかもしれませんし、塾講師に対し無茶な提案を強要してくるかもしれません。

 

そういった親御さんに対し、うまく現状を共有し、自分たちと同じ方向を見させ、こちらからの提案に納得させ、自分の指導(生徒の成績)にも有無を言わさず、クレームに対応し、塾に通い続けてもらう必要があります。

 

また、1人の生徒に対して指導する講師が自分1人という場合は少なく、何人かの講師で1人の生徒を指導することが一般的です。

 

加えて、自分の上司である教室長とも連携していく必要があります。

 

それ故、塾講師同士あるいは教室長たちと足並みをそろえるために、情報共有したり、塾運営の話し合いをしたりといった、多くの企業で当たり前のように行われている業務も行っているのです。

塾講師だからといってそういった業務の経験が薄いということはなく、むしろ直接生徒や保護者といった顧客と関わる経験が多いという点で、他の業種よりも実践経験が厚いとも言えます。

 

塾講師のお仕事では、生徒・保護者・他の塾講師・教室長との間で板挟みになりながらも、生徒の成績向上や志望校合格のために、うまく立ち回りベストな選択をしなければならないこともしばしばあります。

 

自分以外の誰もが満足できるように、うまく立ち回ること要求されるんですよね。

 

だから、塾講師というお仕事は、うまく立ち回ることを要求される経験が厚いという点で非常に有用な自己PR要素なのです。


まとめ

f:id:ureshino3406:20180701001237p:plain

いかがだったでしょうか。

 

塾講師の仕事はやりがいが得られる半面非常にハードなので、離職率が高く転職する人が多いお仕事ですが、生徒指導や塾内業務を通じて実はビジネスに必要な要素がしっかりと養われているのが塾講師でもあります。

 

もちろん、塾講師というお仕事にやりがいを感じていて今の仕事に満足しているのであれば無理に転職をする必要はありませんが、今の自分の働き方に満足ができず疑問を感じているのであれば、長くその場に留まることで時間を無駄にしストレスをため続けることは大きなリスクになります。

 

将来充実した職業人生を歩みたいと考えているのであれば、今すぐ決断をして転職するというのも重要です。

転職の成功確立を高めるために

f:id:ureshino3406:20180214182443p:plain

では、転職をする決心をして注意点を頭に入れたらどのように行動すればいいのでしょうか。

友人が働いているなどリアルな口コミがわかればリスクは抑えられますが、一人で転職活動をすすめていくのは大変労力がいります

転職エージェントなどのサービスを活用すれば間に第三者目線が加わるため、客観的なアドバイスがうけられるメリットがあります。エージェントは企業側の欲しい人物像まで把握していることがほとんどのため、 紹介される求人が適切なものか吟味されています。また、 細かい日程調整や書類の精査や書類提出までエージェントが代行して行うため、現職中でなかなか転職活動に時間が割けない人にはメリットが多いのが特徴です。

面接に自信がなくても面接対策やセミナーなどフォロー体制も整えられています。

仮に不採用だとしてもなぜ不採用だったのかフィードバックをもらえるため、次にどう活かしていくのか客観的な目線でアドバイスを受けられます。無事に内定獲得後も現職の退職時の引き止め対策にもアドバイスをもらうことが可能です。

転職活動を始める際、まずは転職エージェントを活用してご自身の実現したいことを言葉にしてみるのはいかがでしょうか。

オススメの転職エージェント

f:id:ureshino3406:20171114211404p:plain

サイト:【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

こんな不安はありませんか?・自分のアピールポイントが分からない・本当はどの企業が良いか分からない・在職中で時間が取れない

転職活動は、プロを活用する時代です!転職エージェントなら、転職のプロが、マンツーマンであなたの転職を総合的にサポートします! 

①ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削!

アピールポイントを的確に伝える文章で先行を突破!

履歴書はあなたの分身であり、書類選考こそ大事なステップです。

あなたの強みやアピールポイントを客観的に考察し、ご希望の企業に対してのポイントを押さえたアドバイスをしてくれます。

②優秀なキャリアアドバイザー

f:id:ureshino3406:20180117221026p:plain

市場価値を把握する手伝いをしてくれる!

また、転職成功実績NO.1の転職業界最大手なだけあり、業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーが多く在籍しています。 

平日は現職との兼ね合いで転職活動が進まない、相談拠点が近くになくて困難という方にはキャリアアドバイザーが状況に応じて面談をしてくれます。

相談時間➡土日・祝日・平日の20時以降でも対応!

初回面談➡対面もしくは電話OK! 相談拠点数業界最多!

③キャリアップをサポート!

f:id:ureshino3406:20180117220959p:plain

言いづらい年収の交渉代行をおまかせ!

企業に直接言いづらい年収や転職先に求める希望を交渉してくれます。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、あなたの気になる条件をアドバイザーが情報定時し入社後の満足度に繋げます。

だからリクルートエージェントがオススメ!

f:id:ureshino3406:20180116222932p:plain

リクルートエージェントは、担当コンサルタントの質も高く非公開求人も多く取り扱っており、間違いなく業界トップの転職エージェントだと言えるでしょう。

利用するのは完全無料なので今すぐ転職する気がなくても非公開求人を見る目的で、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

もし魅力的な非公開求人がなければ退会、と気軽に利用してみることをおすすめします!