TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

女性が働きやすいって本当?女性営業職員に多い3つの悩み

「先方に確認をとっている担当女性先方に確認をとっている担当女性」[モデル:茜さや]のフリー写真素材を拡大

女性が活躍しやすくなった社会」といわれていますが、本当にそうでしょうか?

男性の中で働いていると、必ずしもそうとはいえない現状を感じることがあります。

確かに、女性を対象にした求人は増えている傾向です。しかし、実際には女性を優先的に雇用することで企業が助成金を受けられたり、税制面で優遇されたりということを目的にしている企業も多い印象を受けます。

そのため、入社してからギャップを感じる人も多いのではないでしょうか。

思わず転職を考えてしまうような、女性営業職員にありがちな悩みを3つまとめてみました。ここでは、その解決方法について考察した結果を解説します。

女性の敵は女性?一般職女性社員との人間関係

f:id:ureshino3406:20180301204600p:plain
職場の中に女性がいると安心感を得られる人もいるでしょう。ところが、同性が多い環境というのも、仕事とは違う悩みが生まれやすくなります

営業職員より事務などのような一般職の女性が多い職場では、何となく気をつかう場面が出てきます。特に、内勤の中に自分より年上の先輩女性社員がいると、何かと気をつかうという人は多いかもしれません

例えば、来客にお茶を出してもらうような場面です。相手が先輩でも、わざわざ仕事の手を止めてもらうことになります。しかし、大切な取引先の担当者を待たせて自分でお茶を用意するのも不自然ですし、お客様にも失礼です。

せっかくお茶を出してもらっても、そのときに不機嫌そうな態度が見えると、気になって商談どころではなくなってしまうことも少なくはありません。できるだけ先方の会社に訪問するという方法で回避することはできますが、こちらが受注する立場の場合には毎回そうするのも不自然です。

また、男性社員と同行する場合も、それに対してよく思わない女性社員もいます。この場合は「職場恋愛をしている女性」「職場に好きな男性がいる女性」が多い傾向といっていいでしょう。

なかでも困るのは「上司と付き合っている女性」です。上司は一般的に仕事のアドバイスをくれたり、商談に同行してくれたりするに過ぎません。しかし、上司と付き合っている場合は、個人的な感情だけでそれを阻止するために、事実と異なる情報を上司に吹き込むことがあります。

職場恋愛を禁じている会社の場合は、自分達から会社の目を遠ざけるために、営業上の同行を違う形でうわさする女性もいます。こうなってしまうと仕事どころではありません。せっかく目の前にチャンスが巡ってきても、気が重くなるということも出てきます。

業種を問わず、女性が多い職場では似たようなトラブルは多い傾向です。結果的には人間関係で疲れてしまい、転職を余儀なくされる人も少なくはないでしょう

せっかく業績を伸ばしても嫉妬の対象になることもあるので、長い目で見ると会社の損失にもつながっていく行為ではないでしょうか。ありもしないうわさを流すのは本当に悪質ですし、ここまでのケースはまれかもしれません。

しかし、職場の女性とは一定の距離を置くなど気をつかう女性は多いものです。もちろん、なかには仕事に協力的な女性もいます。気をつかわずに仲良くできる女性もいますが、業務が違うとお互いの立場を理解しあうのは難しいという印象を持っています。

将来や出世についてイメージできない

f:id:ureshino3406:20180225145541p:plain


「男女雇用機会均等法」によって、女性を積極的に採用する企業は確かに増えています。女性が活躍できる社会をテーマに、国をはじめ、各行政でもさまざまな取り組みがなされています。

応募要項の中に女性を優遇する内容が盛り込まれていると、希望を持つ人も多いかもしれません。しかし、実際はどうでしょうか。

ドラマや映画のように、女性が出世コースに乗り、活躍できるというのは日本ではまだまだ難しいという印象があります。

実際に成功を手にしている女性とは、自分で起業しているケースが目立ちます。もちろん、組織の中で能力を発揮し、それが認められて出世していく女性もいますが、ほんの一握りといっていいでしょう。

なかには男性以上に能力があると周囲が感じている女性でも、前例にならって女性の昇進には二の足を踏む企業が多いのが現状といえます。

このような古い体質からの脱却を図り、能力のある女性を適切なポジションに配置するために制定されたのが「女性躍進推進法案」です。この法案は、301人以上の企業や国、または地方団体を対象にしたもので、自社の女性の活躍を正しく評価し、さらに優良と認められた企業は認定が受けられます

活躍に対しての状況把握や課題分析、行動計画の策定、届け出、周知に、女性の活躍に対しての公表が求められます。しかし、厚生労働大臣による「認定マーク」を自社製品などに入れることが可能です。しかし、この法案には良い印象を持たない人もいます。

企業によっては、認定が目的になってしまい、本人の能力よりも「女性であること」だけに固執して判断してしまうこともあるでしょう。そういったことを危惧している女性にとっては「逆に正しい評価につながらないのではないか」という疑問につながっていきます。

一方、両立支援等助成金(女性活躍加速化コース)などにも注目です。

仕事と家庭の両立を目指した女性の雇用が対象になっており、助成金など優遇措置を受けられるものにはさまざまなものが見られます。国策として女性の活躍を支援してくれることはそれだけチャンスは広がりますし、喜ばしい傾向です。

しかし、その一方で企業が優遇されるという視点が先に立ってしまうと、それは本当の出世とはいいきれないでしょう。条件付きでの出世では、不安定に感じる女性は多いかもしれません。

結婚も障害に?男性営業職員との比較

f:id:ureshino3406:20180301204415p:plain
企業によっては、扱う商品やサービスの特性に合わせて女性営業職員だけでひとつのチームを作っているケースもあります。または、内勤も営業職員も女性が中心という企業も見受けられます。

しかし、営業職員の場合は、通常は男性の中に配属されるというケースが一般的です。女性には女性の特性を活かした仕事、男性には男性に向いた仕事がありますし、それは自然なことでしょう。

しかし、女性の場合は明らかにネックになることが出てきます

そのひとつが結婚です。産休や育休などを必要期間設けている企業は増えつつありますが、なかなか全体的に浸透するには時間を要するのではないでしょうか。さらに、実際には育児が始まってしまうと、思うように仕事に復帰できないといった声も少なくはありません。男性が利用できる育休を意識する企業も出てはいますが、まだまだ偏見があるのが現状でしょう。家事や育児は女性の負担という風潮はそうそう変えられないのです

復帰できる環境が整っても、ブランクが長いと以前のような働き方ができない場合もあります。このような事情から生まれやすいのが、結婚適齢期や出産適齢期の女性に対する雇用の調整です。

出産を理由に退職や異動を企業側が行うことは「マタニティハラスメント」につながります。そのため、あらかじめ採用段階で調整するというケースも考えられます。もちろん、それだけが不採用理由になるわけではなく、企業が求める人材かどうかが問われるわけですが、男性と比較すると、結婚や出産が仕事に与える影響はまだまだ大きいといえます。女性が自分の能力を十分発揮しながら働ける職場を考えるとき、男性とはまた違う悩みが生じるでしょう

f:id:ureshino3406:20180224205156p:plain

しかし、女性であるという事実は変えようがありません。今働いている環境で自分の本当の能力を認められることに限界を感じたら、それは環境を変えてみるしかないでしょう

ただ、自分で転職先を探すには、企業の表面的な部分だけしか見ることができず、結局根本の解決になりません。理想的なのは、あらかじめ企業の内部事情が把握できることです。

人間関係はどうなのか」「女性は適切な評価を受けているか」など出産や育児に対する企業の実際の取り組みも知っておく必要があります。これらを踏まえたうえ、総合的にサポートしてもらえるような方法で転職を考えるのが、本当のチャンスのつかみ方ではないでしょうか。

転職の成功確立を高めるために

f:id:ureshino3406:20180212202539j:plain

友人が働いているなどリアルな口コミがわかればリスクは抑えられますが、一人で転職活動をすすめていくのは大変労力がいります
転職エージェントなどのサービスを活用すれば間に第三者目線が加わるため、客観的なアドバイスがうけられるメリットがあります。
エージェントは企業側の欲しい人物像まで把握していることがほとんどのため、 紹介される求人が適切なものか吟味されています。
また、 細かい日程調整や書類の精査や書類提出までエージェントが代行して行うため、現職中でなかなか転職活動に時間が割けない人にはメリットが多いのが特徴です。

面接に自信がなくても面接対策やセミナーなどフォロー体制も整えられています。

仮に不採用だとしてもなぜ不採用だったのかフィードバックをもらえるため、次にどう活かしていくのか客観的な目線でアドバイスを受けられます。
無事に内定獲得後も現職の退職時の引き止め対策にもアドバイスをもらうことが可能です。

転職活動を始める際、まずは転職エージェントを活用してご自身の実現したいことを言葉にしてみるのはいかがでしょうか。

転職サービスを利用するためのポイント!

f:id:ureshino3406:20171011214909p:plain

まず最初にですが、転職サービスを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

このポイントを抑えながら、転職サービスを選んでみてください。

①転職エージェントであるか

まず最初に重要となるのが、その転職サービスが転職エージェントであるかです。

転職サービスは主に二つに分けられ、登録者自信が求人を探す転職サイトと、利用者の希望から求人を探して採用までの道のりをサポートしてくれる転職エージェントがあります。

転職エージェントの場合は、キャリアコンサルタントが年収交渉や日程調整や履歴書の添削、面接対策をしてくれるため、転職サイトよりも様々な面で有利に転職活動を行うことができます。

ですから転職活動を成功させるには、転職エージェントがおすすめです。

②非公開求人を多く抱えているかどうか

公開求人のみで探す転職活動だと、どうしても応募できる企業が限られてしまいます。「ハローワークや求人情報誌で求人を探したけれど、条件がイマイチ…」という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、これらの公開求人は基本的に無料で求人を掲載できるため、経営状況の振るわない企業の求人も含まれているからです。

それに対して非公開求人は、企業がコストを払って転職サービスに求人を掲載しています。そのため公開求人と比較して、採用者に比較的高いレベルを求める代わりに、条件がかなり良いことが多いです。

つまりは非公開求人が多い=魅力的なオファーが多いということです。

③サポートが充実しているか


最後は転職希望者へのサポートが充実しているかです。

これは転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントの質や、面接対策や履歴書、職務経歴書の添削サービスなども含まれます。

優秀なキャリアコンサルタントが多く在籍しており、親身に相談に乗ってくれるサービスを選べるかが重要になってきます。

これらの3つのポイントを全て満たした転職エージェントが次にご紹介するリクルートエージェント になります。

オススメの転職エージェント

f:id:ureshino3406:20171114211404p:plain

サイト:【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

こんな不安はありませんか?・自分のアピールポイントが分からない・本当はどの企業が良いか分からない・在職中で時間が取れない

転職活動は、プロを活用する時代です!転職エージェントなら、転職のプロが、マンツーマンであなたの転職を総合的にサポートします! 

 

公式サイト:【リクルートエージェント】  

①ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削!

アピールポイントを的確に伝える文章で先行を突破!

履歴書はあなたの分身であり、書類選考こそ大事なステップです。

あなたの強みやアピールポイントを客観的に考察し、ご希望の企業に対してのポイントを押さえたアドバイスをしてくれます。

②優秀なキャリアアドバイザー

f:id:ureshino3406:20180117221026p:plain

市場価値を把握する手伝いをしてくれる!

また、転職成功実績NO.1の転職業界最大手なだけあり、業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーが多く在籍しています。 

平日は現職との兼ね合いで転職活動が進まない、相談拠点が近くになくて困難という方にはキャリアアドバイザーが状況に応じて面談をしてくれます。

相談時間➡土日・祝日・平日の20時以降でも対応!

初回面談➡対面もしくは電話OK! 相談拠点数業界最多!

③キャリアップをサポート!

f:id:ureshino3406:20180117220959p:plain

言いづらい年収の交渉代行をおまかせ!

企業に直接言いづらい年収や転職先に求める希望を交渉してくれます。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、あなたの気になる条件をアドバイザーが情報定時し入社後の満足度に繋げます。

だからリクルートエージェントがオススメ!

f:id:ureshino3406:20180116222932p:plain

リクルートエージェントは、担当コンサルタントの質も高く非公開求人も多く取り扱っており、間違いなく業界トップの転職エージェントだと言えるでしょう。

利用するのは完全無料なので今すぐ転職する気がなくても非公開求人を見る目的で、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

もし魅力的な非公開求人がなければ退会、と気軽に利用してみることをおすすめします!

公式サイト:【リクルートエージェント】