TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

利用するのは危険?ハローワークの求人にブラック企業が多い理由

f:id:ureshino3406:20180214182443p:plain

ハローワークは求人活動をする上で最も有力な情報源としてよく用いられています。

失業してしまった人の場合には失業手当を受けるためにハローワークに行って求職活動が重要になるというh面もあり、まずはハローワークで仕事を探そうと考えるのが一般的な傾向ですが、ハローワークを利用することは大きなリスクがあります

今回はハローワークを利用することで起きるリスクをご説明します。

「昔の武勇伝を語る営業部の先輩昔の武勇伝を語る営業部の先輩」[モデル:ゆうせい 大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

ハローワークに頼ってしまうことにはリスクがあります。

全体的な傾向としてブラック企業からの求人が多いからです。

公的機関によって行われているにもかかわらず、なぜそのような事態になっているのでしょうか。
企業が求人活動をするときには、求人広告を作成して多くの人に見てもらえるようにする必要があります。

しかし、その際に問題になるのが広告の掲載料であり、求人誌や求人サイトなどに掲載すると費用を請求されるのが一般的です。

掲載自体は無料であっても、求人に応募する人がいて採用を決めたら費用が発生するという仕組みをよく取っています。

そのため、掲載料を抑えるにはどうしたら良いかと考えるのが妥当でしょう。

ハローワークは公共事業として行われているので企業が求人広告を依頼したときにも求人の掲載料が無料になっています。

そのため、求人活動に費用をかけられないような状況になっている企業でも募集をかけることが可能です。

ブラック企業の多くはコストを最小限にしつつ利益を上げなければならない苦境に立たされていることが多いため、求人活動に費用をかけられません。

結果としてブラック企業が求人広告を出せるのがハローワークだけになってしまっていることがよくあるのです。

スキル不要という甘い言葉

f:id:ureshino3406:20180214180713p:plain
一方、ブラック企業があえてハローワークに目をつけていることもあります。

ハローワークは性質として無職者向けのサービスになっているので、仕事がなくて困っている人が集まるのが特徴です。

求人に応募しても採用されずに何年も求職活動をしている人も多く、採用されたら多少は辛い状況であっても働き続けてくれる可能性があります。

そのため、過酷な労働条件であっても戦力にできる人材を獲得できると期待してハローワークに求人を出すブラック企業が多いのです。

これに関連して業界を越えて転職しようとしている人もよくハローワークを利用しているという点もブラック企業は着目しています。

スキルが不要というのはこのような人にとって魅力的な条件であり、ブラック企業がよく活用している文句です。

ハローワークではスキル取得のための職業訓練なども斡旋していて格安で利用できますが、それを利用して時間を費やしてしまうよりもスキルが不要とされている求人に魅力を持つのはもっともなことでしょう。

このようにしてうまく求職活動をしている人を釣り上げるのに成功している事例も多いのです。

個人でブラック企業を見分けるのは至難の業

f:id:ureshino3406:20180214180636p:plain

もちろんハローワークには優良企業からの求人もたくさんあります。

重要なのは求人の良し悪しを見分けることですが、ブラック企業も手練の人が広告を作成しているので一目見ただけで判別できるわけではありません。

ハローワークを利用するのにはリスクがあるのを承知で利用するのも良い方法ですが、別の方法で仕事先を探した方が無難です。

例えば、転職エージェントを利用して仕事を探すのことはブラック企業に捕まるリスクが少ない方法として知られています。

エージェントが企業側と直接やり取りをしているのでブラックな環境がある場合には求人募集を担うのを断っているのです。

あるいはそれでも働きたいという人にだけ紹介するという条件で人材紹介を請け負っています。

そのため、ブラック企業で働きたくないという人に劣悪な労働条件の求人を紹介することはほとんどありません。

転職志望者でも無職者でも利用でき、自分の能力に合わせて仕事を探してもらえるので理想的な仕事を見つけられる可能性が高いのが魅力です。

転職サービスを利用するためのポイント!

f:id:ureshino3406:20171011214909p:plain

まず最初にですが、転職サービスを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

このポイントを抑えながら、転職サービスを選んでみてください。

①転職エージェントであるか

まず最初に重要となるのが、その転職サービスが転職エージェントであるかです。

転職サービスは主に二つに分けられ、登録者自信が求人を探す転職サイトと、利用者の希望から求人を探して採用までの道のりをサポートしてくれる転職エージェントがあります。

転職エージェントの場合は、キャリアコンサルタントが年収交渉や日程調整や履歴書の添削、面接対策をしてくれるため、転職サイトよりも様々な面で有利に転職活動を行うことができます。

ですから転職活動を成功させるには、転職エージェントがおすすめです。

②非公開求人を多く抱えているかどうか

公開求人のみで探す転職活動だと、どうしても応募できる企業が限られてしまいます。「ハローワークや求人情報誌で求人を探したけれど、条件がイマイチ…」という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、これらの公開求人は基本的に無料で求人を掲載できるため、経営状況の振るわない企業の求人も含まれているからです。

それに対して非公開求人は、企業がコストを払って転職サービスに求人を掲載しています。そのため公開求人と比較して、採用者に比較的高いレベルを求める代わりに、条件がかなり良いことが多いです。

つまりは非公開求人が多い=魅力的なオファーが多いということです。

③サポートが充実しているか


最後は転職希望者へのサポートが充実しているかです。

これは転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントの質や、面接対策や履歴書、職務経歴書の添削サービスなども含まれます。

優秀なキャリアコンサルタントが多く在籍しており、親身に相談に乗ってくれるサービスを選べるかが重要になってきます。

これらの3つのポイントを全て満たした転職エージェントが次にご紹介するリクルートエージェント になります。

オススメの転職エージェント

f:id:ureshino3406:20171114211404p:plain

サイト:【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

こんな不安はありませんか?・自分のアピールポイントが分からない・本当はどの企業が良いか分からない・在職中で時間が取れない

転職活動は、プロを活用する時代です!転職エージェントなら、転職のプロが、マンツーマンであなたの転職を総合的にサポートします! 

 

公式サイト:【リクルートエージェント】  

①ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削!

アピールポイントを的確に伝える文章で先行を突破!

履歴書はあなたの分身であり、書類選考こそ大事なステップです。

あなたの強みやアピールポイントを客観的に考察し、ご希望の企業に対してのポイントを押さえたアドバイスをしてくれます。

②優秀なキャリアアドバイザー

f:id:ureshino3406:20180117221026p:plain

市場価値を把握する手伝いをしてくれる!

また、転職成功実績NO.1の転職業界最大手なだけあり、業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーが多く在籍しています。 

平日は現職との兼ね合いで転職活動が進まない、相談拠点が近くになくて困難という方にはキャリアアドバイザーが状況に応じて面談をしてくれます。

相談時間➡土日・祝日・平日の20時以降でも対応!

初回面談➡対面もしくは電話OK! 相談拠点数業界最多!

③キャリアップをサポート!

f:id:ureshino3406:20180117220959p:plain

言いづらい年収の交渉代行をおまかせ!

企業に直接言いづらい年収や転職先に求める希望を交渉してくれます。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、あなたの気になる条件をアドバイザーが情報定時し入社後の満足度に繋げます。

だからリクルートエージェントがオススメ!

f:id:ureshino3406:20180116222932p:plain

リクルートエージェントは、担当コンサルタントの質も高く非公開求人も多く取り扱っており、間違いなく業界トップの転職エージェントだと言えるでしょう。

利用するのは完全無料なので今すぐ転職する気がなくても非公開求人を見る目的で、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

もし魅力的な非公開求人がなければ退会、と気軽に利用してみることをおすすめします!

公式サイト:【リクルートエージェント】