TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

どう答えればいい?面接での退職理由はもっとも重要なアピール!

「頭を抱えてひどく落ち込む男性頭を抱えてひどく落ち込む男性」[モデル:大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

面接やエントリー時に必ずと言って聞かれる退職理由。
でも本当のことをそのまま伝えてもいいのか?端的に言うと、答えはイエスです。

ですが、退職の理由をただ述べるといったことではありません

面接で退職理由を聞く理由

f:id:ureshino3406:20180214180713p:plain

そもそも、なぜ企業は退職理由を訪ねるのでしょうか。一番の理由は早期退職。入社3年以内に退職をする人物は入社してもどうせすぐ辞められてしまう、といった企業側の懸念があります。せっかくコストを割いて採用活動をした企業側にとって早期退職をされるリスクは極力避けたいものです
では建前を言ってしのげればいいのでしょうか。
一次面接は大抵人事が担当しますし、相手はなんども面接官を経験しているプロです。建前で言っていることは大抵わかってしまうと思った方がいいでしょう。
また、待遇面での不満で退職を希望する場合、退職願いを出した時に現職の引き止め対策に合う可能性もあります。退職する理由をしっかりと用意しておくことが転職活動においては非常に重要です

退職理由の対策方法

「ペンを持つ手とノートペンを持つ手とノート」のフリー写真素材を拡大

ではどのように対策すればいいのでしょうか。
まず、あなたが退職を希望する時にどんなことを将来実現させたいのか、を書き出してみましょう。

そしてその退職理由は現職ではどうしても実現できないことである。という説得力があるかどうか客観的な目線で読み返します。
例に上げると残業時間が多くて休日出勤が当たり前の風土。このままじゃ体力がもたない。という理由で退職がしたいとします。
ではそれは本当に現職では改善できないのでしょうか。
業務効率をあげるために何か工夫はしたのか、本人の努力次第で解決できなかったのか、といった疑問が企業側からは上がります
ではどうすればよいのでしょうか。
大事なのことは負の理由に対して自分がいかに改善する対策をとったのか。そしてさらにその経験を活かして次のステップに進みたいという将来的なビジョンをもっていることです。

自分なりにこういった工夫をしてみた。今度はもっと大きな事業規模で自身の経験を活かして活躍ができる場にいきたいと思った。だから御社に行きたいと思った。

といった流れだと退職理由、さらには志望動機に繋げることができます。

早期退職は双方に痛手

f:id:ureshino3406:20180214182443p:plain
また退職理由には企業の求める人物像と自分自身の志向性のマッチングについても見極めるポイントになります。
志向性が噛み合わないと早期の退職に繋がる可能性があるので、双方にとってとるべきリスクではありません。
求人票や企業の採用ホームページに志向性がわかる記載があれば良いのですが、必ずしもそうではありません。実際に働いてみたらこんなはずではなかった、といったギャップに悩まないためにも自分の実現したいことが叶う環境か適切に見極める必要があります。

転職の成功確立を高めるために

f:id:ureshino3406:20180212202559j:plain

友人が働いているなどリアルな口コミがわかればリスクは抑えられますが、一人で転職活動をすすめていくのは大変労力がいります
転職エージェントなどのサービスを活用すれば間に第三者目線が加わるため、客観的なアドバイスがうけられるメリットがあります。
エージェントは企業側の欲しい人物像まで把握していることがほとんどのため、 紹介される求人が適切なものか吟味されています。
また、 細かい日程調整や書類の精査や書類提出までエージェントが代行して行うため、現職中でなかなか転職活動に時間が割けない人にはメリットが多いのが特徴です。面接に自信がなくても面接対策やセミナーなどフォロー体制も整えられています。

仮に不採用だとしてもなぜ不採用だったのかフィードバックをもらえるため、次にどう活かしていくのか客観的な目線でアドバイスを受けられます。
無事に内定獲得後も現職の退職時の引き止め対策にもアドバイスをもらうことが可能です。

転職活動を始める際、まずは転職エージェントを活用してご自身の実現したいことを言葉にしてみるのはいかがでしょうか。

転職サービスを利用するためのポイント!

f:id:ureshino3406:20171011214909p:plain

まず最初にですが、転職サービスを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

このポイントを抑えながら、転職サービスを選んでみてください。

①転職エージェントであるか

まず最初に重要となるのが、その転職サービスが転職エージェントであるかです。

転職サービスは主に二つに分けられ、登録者自信が求人を探す転職サイトと、利用者の希望から求人を探して採用までの道のりをサポートしてくれる転職エージェントがあります。

転職エージェントの場合は、キャリアコンサルタントが年収交渉や日程調整や履歴書の添削、面接対策をしてくれるため、転職サイトよりも様々な面で有利に転職活動を行うことができます。

ですから転職活動を成功させるには、転職エージェントがおすすめです。

②非公開求人を多く抱えているかどうか

公開求人のみで探す転職活動だと、どうしても応募できる企業が限られてしまいます。「ハローワークや求人情報誌で求人を探したけれど、条件がイマイチ…」という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、これらの公開求人は基本的に無料で求人を掲載できるため、経営状況の振るわない企業の求人も含まれているからです。

それに対して非公開求人は、企業がコストを払って転職サービスに求人を掲載しています。そのため公開求人と比較して、採用者に比較的高いレベルを求める代わりに、条件がかなり良いことが多いです。

つまりは非公開求人が多い=魅力的なオファーが多いということです。

③サポートが充実しているか


最後は転職希望者へのサポートが充実しているかです。

これは転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントの質や、面接対策や履歴書、職務経歴書の添削サービスなども含まれます。

優秀なキャリアコンサルタントが多く在籍しており、親身に相談に乗ってくれるサービスを選べるかが重要になってきます。

これらの3つのポイントを全て満たした転職エージェントが次にご紹介するリクルートエージェント になります。

オススメの転職エージェント

f:id:ureshino3406:20171114211404p:plain

サイト:【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

こんな不安はありませんか?・自分のアピールポイントが分からない・本当はどの企業が良いか分からない・在職中で時間が取れない

転職活動は、プロを活用する時代です!転職エージェントなら、転職のプロが、マンツーマンであなたの転職を総合的にサポートします! 

 

公式サイト:【リクルートエージェント】  

①ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削!

アピールポイントを的確に伝える文章で先行を突破!

履歴書はあなたの分身であり、書類選考こそ大事なステップです。

あなたの強みやアピールポイントを客観的に考察し、ご希望の企業に対してのポイントを押さえたアドバイスをしてくれます。

②優秀なキャリアアドバイザー

f:id:ureshino3406:20180117221026p:plain

市場価値を把握する手伝いをしてくれる!

また、転職成功実績NO.1の転職業界最大手なだけあり、業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーが多く在籍しています。 

平日は現職との兼ね合いで転職活動が進まない、相談拠点が近くになくて困難という方にはキャリアアドバイザーが状況に応じて面談をしてくれます。

相談時間➡土日・祝日・平日の20時以降でも対応!

初回面談➡対面もしくは電話OK! 相談拠点数業界最多!

③キャリアップをサポート!

f:id:ureshino3406:20180117220959p:plain

言いづらい年収の交渉代行をおまかせ!

企業に直接言いづらい年収や転職先に求める希望を交渉してくれます。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、あなたの気になる条件をアドバイザーが情報定時し入社後の満足度に繋げます。

だからリクルートエージェントがオススメ!

f:id:ureshino3406:20180116222932p:plain

リクルートエージェントは、担当コンサルタントの質も高く非公開求人も多く取り扱っており、間違いなく業界トップの転職エージェントだと言えるでしょう。

利用するのは完全無料なので今すぐ転職する気がなくても非公開求人を見る目的で、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

もし魅力的な非公開求人がなければ退会、と気軽に利用してみることをおすすめします!

公式サイト:【リクルートエージェント】