TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

金融業界出身は転職で有利!企業から人気な理由とは

f:id:ureshino3406:20180129195004p:plain

銀行や証券会社、信用金庫などの金融業界は、収入が高くて安定したエリート的イメージを持たれている仕事です。

実際、他の業種と比べて平均給与が高い傾向にあり、安定性も同様で、就職活動の人気職種のひとつになっています。

社会的な認知度は公務員と肩を並べるほどですし、地域に根差した企業が多いなど、働く環境としては一流と言えるでしょう。
一方で、この金融業界から離れて別の業種に移る人も少なくありません。

それは、金融業界ならではの風土や体質に関係があります。お金を扱う仕事ですので、

①1円の違いも許されない業務の厳密さ

②他業種より法律や制度の制限がかなり多く、業務内容が硬直的かつ煩雑になりやす

③全国規模・地域規模問わず転勤が多い

④数字のノルマが各社員に振り分けられていて、精神的なプレッシャーが高い

安定した高収入の職種である分、それ相応の要求が課されているわけです。

こうした状況で、「自分にはこの業界は合わないんじゃないか」と考える人も多く、金融業界からの転職者が少なくない理由になっています。

金融業界からの転職は有利

f:id:ureshino3406:20180129195532p:plain
実は、金融業界で働く人は転職に有利な点が数多くあり、受け入れ企業側にとっては人気の人材です。理由をいくつか挙げていくと

①数字ノルマが日常的な激務でメンタルが鍛えられている

②会計や経理に強く経営的な視野を持っている

③窓口対応や顧客相談の現場でお客様と直接コミュニケーションを重ねて営業力が鍛えられている

④社員教育が恒常的にしっかり行なわれていて社会人としての基礎が身についている

⑤専門の資格を持っている人が多い

当然、転職活動の際は面接官のウケがいい職歴といえます。

思い立って転職支援サイトに登録してみると、想像以上に自分に興味を持ってくれる企業が多く、驚く人もいます。
だからこそ、金融業界からの転職は熟考が必要になってきます。

転職先が絞り切れないほどあり過ぎると、給与面や待遇面にばかり目が向いてしまって、より重要な仕事のやりがいや将来のビジョンが後回しになってしまいかねないからです。

なるべく客観的に自分の能力や置かれた状況を把握し、現状と転職後を冷静に比較したうえで、業種や業務内容を検討していくのがいいでしょう。

時には不利になることも…

f:id:ureshino3406:20180129195944p:plain
そのために、金融業界ゆえの転職に不利な点も知っておくべきです。

例えば銀行でバリバリ働いている営業成績抜群の人が、自分をより高く評価してくれる企業へ移ろうとします。

ところが、なかなか良い転職先が見つかりません。それは、取引先や地域の関連企業が、エース級の人材を銀行から引き抜いたことで、あとあとの関係に影響が出ないかを心配しているためです。

ほかの業種ではあまりない話ですが、こと金融業界ではそう珍しくありません。

また、元々もらっている給与が高いため、「うちはそこまでの給与は出せないから」と相手先が二の足を踏んでしまうケースもありえます。

それでも転職のしやすさは抜群

f:id:ureshino3406:20171031233749p:plain
とはいえ、第2新卒やそれに近い年齢で転職したい場合は、経歴の若さから支障はほとんどなくなります。

実績のある人も、現在の企業と移りたい業種の関係を事前に踏まえておけば問題は少ないですし、ほかの企業から自分がどうみられているかは、自己を客観的に見つめる良い機会と言えるでしょう。
金融業界からはカード会社や保険業界といった関連業界を含め、様々な業種に転職が可能ですし、多くの人が好待遇・好条件を得て転職を成功させています。

保険会社や不動産会社は金融で培った経験がダイレクトに活かせる職種ですし、事務職はデスクワークに強い金融出身者向き、公務員は必要とされる資格を取得済みなど、それぞれに多い転職理由になっています。
いざ転職を考えると、時間が足らずなかなか踏み出せないものですが、現在は転職支援サイトが数多く存在し、とても有効なサポートをしてくれます。

特に転職エージェントと呼ばれるサービスは、大手企業の安心感で大勢の転職希望者が登録し利用しています。

一人一人に担当者が付いてくれるので、転職のノウハウを一から教えてもらえ、金融業界ならではの強みや悩み事を直接やり取りできるのが最大のメリットです。

よりよい仕事環境を目指すために、ぜひ活用すべきでしょう。

転職サービスを利用するためのポイント!

f:id:ureshino3406:20171011214909p:plain

まず最初にですが、転職サービスを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

このポイントを抑えながら、転職サービスを選んでみてください。

①転職エージェントであるか

まず最初に重要となるのが、その転職サービスが転職エージェントであるかです。

転職サービスは主に二つに分けられ、登録者自信が求人を探す転職サイトと、利用者の希望から求人を探して採用までの道のりをサポートしてくれる転職エージェントがあります。

転職エージェントの場合は、キャリアコンサルタントが年収交渉や日程調整や履歴書の添削、面接対策をしてくれるため、転職サイトよりも様々な面で有利に転職活動を行うことができます。

ですから転職活動を成功させるには、転職エージェントがおすすめです。

②非公開求人を多く抱えているかどうか

公開求人のみで探す転職活動だと、どうしても応募できる企業が限られてしまいます。「ハローワークや求人情報誌で求人を探したけれど、条件がイマイチ…」という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、これらの公開求人は基本的に無料で求人を掲載できるため、経営状況の振るわない企業の求人も含まれているからです。

それに対して非公開求人は、企業がコストを払って転職サービスに求人を掲載しています。そのため公開求人と比較して、採用者に比較的高いレベルを求める代わりに、条件がかなり良いことが多いです。

つまりは非公開求人が多い=魅力的なオファーが多いということです。

③サポートが充実しているか


最後は転職希望者へのサポートが充実しているかです。

これは転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントの質や、面接対策や履歴書、職務経歴書の添削サービスなども含まれます。

優秀なキャリアコンサルタントが多く在籍しており、親身に相談に乗ってくれるサービスを選べるかが重要になってきます。

これらの3つのポイントを全て満たした転職エージェントが次にご紹介する【リクルートエージェント】 になります。

オススメの転職エージェント

f:id:ureshino3406:20171114211404p:plain

サイト:【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

こんな不安はありませんか?・自分のアピールポイントが分からない・本当はどの企業が良いか分からない・在職中で時間が取れない

転職活動は、プロを活用する時代です!転職エージェントなら、転職のプロが、マンツーマンであなたの転職を総合的にサポートします! 

①ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削!

アピールポイントを的確に伝える文章で先行を突破!

履歴書はあなたの分身であり、書類選考こそ大事なステップです。

あなたの強みやアピールポイントを客観的に考察し、ご希望の企業に対してのポイントを押さえたアドバイスをしてくれます。

②優秀なキャリアアドバイザー

f:id:ureshino3406:20180117221026p:plain

市場価値を把握する手伝いをしてくれる!

また、転職成功実績NO.1の転職業界最大手なだけあり、業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーが多く在籍しています。 

平日は現職との兼ね合いで転職活動が進まない、相談拠点が近くになくて困難という方にはキャリアアドバイザーが状況に応じて面談をしてくれます。

相談時間➡土日・祝日・平日の20時以降でも対応!

初回面談➡対面もしくは電話OK! 相談拠点数業界最多!

③キャリアップをサポート!

f:id:ureshino3406:20180117220959p:plain

言いづらい年収の交渉代行をおまかせ!

企業に直接言いづらい年収や転職先に求める希望を交渉してくれます。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、あなたの気になる条件をアドバイザーが情報定時し入社後の満足度に繋げます。

だからリクルートエージェントがオススメ!

f:id:ureshino3406:20180116222932p:plain

リクルートエージェントは、担当コンサルタントの質も高く非公開求人も多く取り扱っており、間違いなく業界トップの転職エージェントだと言えるでしょう。

利用するのは完全無料なので今すぐ転職する気がなくても非公開求人を見る目的で、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

もし魅力的な非公開求人がなければ退会、と気軽に利用してみることをおすすめします!