TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

本当に入社して3年は転職しないほうがいいのか!?

新卒で入社した人がよく言われるのが、「入社して3年は転職せずに働き続けろ」というものです。

これは3年間はその会社で仕事をしなければ本当に辞めるべきなのかどうかの判断が出来ないと考えられている点や、本当にその会社の業務や理念を理解するためには3年はかかるなどの意味があるとされています。

そのため入社して3年以内に退職または転職する第二新卒や早期退職は悪い事のように言われたり、転職に不利になると考えられていました。
ですが、最近ではむしろ「入社して3年は続けろ」は古い考えであり、実際は間違っていると指摘される傾向が強くなっているのです。

第二新卒の需要が高まっている

f:id:ureshino3406:20171031224430p:plain

その理由として考えられるものはいくつかあるのですが、中でも大きな理由として考えられているのが第二新卒の需要が高まっている点が挙げられています。
これまでは早期退職というと「仕事を続ける忍耐力や根性がない」と考えられてきた傾向があるのですが、現状ではブラック企業など職場環境が悪い企業も増えてきているためか早期退職に対して悪いイメージを持つ企業も少なくなってきたと言われています。

さらに新卒採用でまとまった人数を採用できない企業が増えてきているため、第二新卒のように若いながらも戦力として有望視できる人材を欲しがっているところが増えてきているのです。
特に第二新卒の場合は即戦力としての力は期待できないものの、ある程度のビジネスマナーが身についている人が多いですし仕事の進め方に関してもそこまで指導が必要ない点がメリットだとされています。

さらに中途採用のように過去の業務経験からの固定概念がないところも大きいようで、成長の余地も十分残っているところから企業間での需要が高まっていると考えられています。

若者ほど転職しやすい

f:id:ureshino3406:20170731221045p:plain


そしてもうひとつ「入社して3年続けろ」が間違っている理由として指摘されているのが、企業が募集している年齢です。

基本的に多くの企業は若くて成長の余地がある人材を求めている傾向があり、年齢を重ねてしまうと転職する際に不利になりやすいと言われています。

特に30代を超えてしまうとそれなりの経験やスキルを身につけていないと転職そのものが厳しくなってくるため、出来る限り早めに転職を行っておかなければ採用枠がどんどん狭くなっているのです。
もちろん第二新卒や早期退職であっても需要とは裏腹に「忍耐力」や「継続力」の点で疑問視される可能性もあるのですが、こちらの場合はまだ社会経験が少ない点やポジティブな理由にすればそこまで転職で不利にはなりにくいと考えられています。

つまり若ければカバーできるのですが、若さがなくなってしまえばカバーできる要素が限られてしまうのでどんどん転職しにくくなるわけです。
このように企業が求めている人材を考えてみると勤続年数が長い人よりも短い人を求めるケースが多くなっていますし、年齢に関しても若い人を求める傾向が年々強くなってきています。

早期退職のマイナスイメージは薄れている

f:id:ureshino3406:20171202151844p:plain

もちろん入社して3年以上仕事をするのが悪いわけではないのですが、他にやりたい仕事があったり体調を崩してしまうほどストレスになっているのであれば無理せずに早期退職するのも悪いわけではないのです。

むしろ転職が当たり前になってきた現状では早期退職や第二新卒の存在も当たり前だと考えられてきているので、そこまで入社した会社にこだわる必要性はないとも言えます。

そのため本当にやりたい仕事を見つけたい人や仕事に不満がある人、明確に将来のビジョンを見出せている人などの場合は、入社して3年以内であっても早期退職からの転職活動を検討するのがおすすめされています。

最近では第二新卒向けの転職エージェントや転職サイトも増えてきていますし、企業側も第二新卒を優遇して求人を出しているところも少なくありません。

しかし、第二新卒といえど新卒時よりも面接の難易度は高くなります。専門知識を問われたり、退職理由を聞かれたりなど答えにくい質問のオンパレードです。

そのため、個人で対策を行うよりも転職サービスを利用することをオススメします。

転職サービスを利用するためのポイント!

f:id:ureshino3406:20171011214909p:plain

まず最初にですが、転職サービスを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

このポイントを抑えながら、転職サービスを選んでみてください。

①転職エージェントであるか

まず最初に重要となるのが、その転職サービスが転職エージェントであるかです。

転職サービスは主に二つに分けられ、登録者自信が求人を探す転職サイトと、利用者の希望から求人を探して採用までの道のりをサポートしてくれる転職エージェントがあります。

転職エージェントの場合は、キャリアコンサルタントが年収交渉や日程調整や履歴書の添削、面接対策をしてくれるため、転職サイトよりも様々な面で有利に転職活動を行うことができます。

ですから転職活動を成功させるには、転職エージェントがおすすめです。

②非公開求人を多く抱えているかどうか

公開求人のみで探す転職活動だと、どうしても応募できる企業が限られてしまいます。「ハローワークや求人情報誌で求人を探したけれど、条件がイマイチ…」という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、これらの公開求人は基本的に無料で求人を掲載できるため、経営状況の振るわない企業の求人も含まれているからです。

それに対して非公開求人は、企業がコストを払って転職サービスに求人を掲載しています。そのため公開求人と比較して、採用者に比較的高いレベルを求める代わりに、条件がかなり良いことが多いです。

つまりは非公開求人が多い=魅力的なオファーが多いということです。

③サポートが充実しているか


最後は転職希望者へのサポートが充実しているかです。

これは転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントの質や、面接対策や履歴書、職務経歴書の添削サービスなども含まれます。

優秀なキャリアコンサルタントが多く在籍しており、親身に相談に乗ってくれるサービスを選べるかが重要になってきます。

これらの3つのポイントを全て満たした転職エージェントが次にご紹介するリクルートエージェント になります。

オススメの転職エージェント

f:id:ureshino3406:20171114211404p:plain

サイト:【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

こんな不安はありませんか?・自分のアピールポイントが分からない・本当はどの企業が良いか分からない・在職中で時間が取れない

転職活動は、プロを活用する時代です!転職エージェントなら、転職のプロが、マンツーマンであなたの転職を総合的にサポートします! 

 

公式サイト:【リクルートエージェント】  

①ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削!

アピールポイントを的確に伝える文章で先行を突破!

履歴書はあなたの分身であり、書類選考こそ大事なステップです。

あなたの強みやアピールポイントを客観的に考察し、ご希望の企業に対してのポイントを押さえたアドバイスをしてくれます。

②優秀なキャリアアドバイザー

f:id:ureshino3406:20180117221026p:plain

市場価値を把握する手伝いをしてくれる!

また、転職成功実績NO.1の転職業界最大手なだけあり、業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーが多く在籍しています。 

平日は現職との兼ね合いで転職活動が進まない、相談拠点が近くになくて困難という方にはキャリアアドバイザーが状況に応じて面談をしてくれます。

相談時間➡土日・祝日・平日の20時以降でも対応!

初回面談➡対面もしくは電話OK! 相談拠点数業界最多!

③キャリアップをサポート!

f:id:ureshino3406:20180117220959p:plain

言いづらい年収の交渉代行をおまかせ!

企業に直接言いづらい年収や転職先に求める希望を交渉してくれます。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、あなたの気になる条件をアドバイザーが情報定時し入社後の満足度に繋げます。

だからリクルートエージェントがオススメ!

f:id:ureshino3406:20180116222932p:plain

リクルートエージェントは、担当コンサルタントの質も高く非公開求人も多く取り扱っており、間違いなく業界トップの転職エージェントだと言えるでしょう。

利用するのは完全無料なので今すぐ転職する気がなくても非公開求人を見る目的で、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

もし魅力的な非公開求人がなければ退会、と気軽に利用してみることをおすすめします!

公式サイト:【リクルートエージェント】