TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

第二新卒の転職が一人では失敗してしまう理由!

f:id:ureshino3406:20171202151844p:plain

第二新卒の転職が活況です。

社会人になってみたはいいけど、思っていた仕事と違った。自分が入りたかった会社に入れず違う会社に入ったが、やはり転職したい。

スキルアップのために転職したい。さまざまな理由から、第二新卒を考える人が増えています。

しかし、第二新卒の転職は、長いキャリアや豊富な実績のある社会人の転職とは方法が違います。

そして、第二新卒の転職は一人では難しいといわれています。なぜ第二新卒の転職が一人では難しいのかをお話していきます。

 

第二新卒の転職は一人では難しい!?

f:id:ureshino3406:20171202151711p:plain

そもそも第二新卒の定義とはなんでしょうか?

第二新卒とは、新卒3年以内に会社を辞めた人、もしくは大学卒業後1年から3年が経過した人のことを指します。

ですから、入社して3年を経過した人などは第二新卒枠から外れてしまいます。

つまり20代後半を過ぎると、一般的には若手という別の括りになります。
では第二新卒の採用状況はどうでしょうか。ある大手転職サイトの調査によると、6割を超える企業が積極的に採用したいと考えています。

第二新卒の転職マーケット自体は、非常に明るいといえるでしょう。
しかしそれでも、第二新卒の転職は一人でおこなうのは難しいといわれています。それはなぜでしょうか。

第二新卒は新卒一括採用とは違い、個別に動く必要があります。

新卒のように周りの人と一緒に情報を共有して助け合ったり頑張ったりすることもできませんし、新卒のような合同説明会が開催されるのも稀です。

第二新卒の転職活動は、基本的に全部一人で動く必要が出てきます。

みんなが同じような時期に同じような情報をもらえる新卒時代とは全く違うのです。

一人の転職活動は困難だらけ

第二新卒は、学校の先生や友達など、相談に乗ってくれる人がいません。

新卒採用の時のように、いろいろな悩みや不安を話し合ったり、あらゆる疑問点などを相談する相手がいません。

企業で数年実務をこなしスキルを身に着けての転職活動ならば経験者も多いことでしょうが、第二新卒の転職となると経験者は少ないため、適切なアドバイスを貰える機会は少ないでしょう。何もしないそのままの状況ですと、誰も周りに助けてくれる人がいない状態になります。

第二新卒の書類選考は、一人でやる場合は一発勝負になります。

その書類を企業側に提出する前に精査する人もいませんし、企業側に細かく質問することもできません。

一発勝負で提出して、選考に通ればいいのですが、通らなかった場合などどの点が問題であったのか分からないままです。何度も書類選考で落ちてしまい自分の魅力を伝えられないのは悔しいですよね。

一番の難関は面接

晴れて書類が通った場合、第二新卒の面接では、新卒のような甘い面接とは訳が違ってきます。

新卒とは年齢も経験も違う立派な社会人と判断されますので、社会人としての身についているべきマナーなどは、当たり前のように求めれらます。マナーが悪いだけで不合格になることも多々あります。

さらには、面接される内容も、これまで経験したことなどの実績が求められてきます。今までやってきた仕事内容や、その仕事で工夫をしたところ、どのようにして予算を達成したのか、そして成功体験はどのようなものがあるか、このような実践的な質問内容が続きます。

つまり面接内容が高度化しているので、一人ですべてを対応するのが至難の技になってくるのです。
さらに、面接が不合格になった場合でも、どこが悪かったのか、何が悪かったのかのフィードバックはありませんので、下手をすると悪循環に陥ってしまう可能性まであります。

第二新卒用の求人は公開されていない

f:id:ureshino3406:20171202154610p:plain

スキルのある即戦力を募集している企業へ第二新卒者が選考を受けに行き返り討ちにされるなんてよく聞く話です。

第二新卒を募集している企業でないと採用はされないことなど誰しもが分かっているはずなのになぜこのようなことが起こるのでしょうか。

それは第二新卒では、新卒の時代と違い、求人情報が公開されていないからです。

新卒の場合は一般的な公式ホームページから新卒採用専門の採用ページがありましたが、第二新卒の場合はそのような枠はありません。

公式ホームページを見ても、転職者を募集していない企業も多数あります。ですから、求人情報をどのように探せばいいのかがわかりにくく難しいのです。

このように第二新卒の転職は一人ですべてを行うのは非常に難しいことが分かります。

真面目に一生懸命頑張れば頑張るほど、空回りをしてしまって、一人ですべてを抱え込んで苦しんで身動きが取れなくなる可能性もあります。

そこでオススメするのが転職サービスです。しかし転職サービスの数は多く良い転職サービスを見極めるのは至難の業。

ですので、次に転職サービスを利用するためのポイントをご紹介します!

転職サービスを利用するためのポイント!

まず最初にですが、転職サービスを選ぶ際の3つのポイントについて解説します。

このポイントを抑えながら、転職サービスを選んでみてください。

 

①転職エージェントであるか

まず最初に重要となるのが、その転職サービスが転職エージェントであるかです。

転職サービスは主に二つに分けられ、登録者自信が求人を探す転職サイトと、利用者の希望から求人を探して採用までの道のりをサポートしてくれる転職エージェントがあります。

転職エージェントの場合は、キャリアコンサルタントが年収交渉や日程調整や履歴書の添削、面接対策をしてくれるため、転職サイトよりも様々な面で有利に転職活動を行うことができます。

ですから転職活動を成功させるには、転職エージェントがおすすめです。

②非公開求人を多く抱えているかどうか

公開求人のみで探す転職活動だと、どうしても応募できる企業が限られてしまいます。「ハローワークや求人情報誌で求人を探したけれど、条件がイマイチ…」という方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、これらの公開求人は基本的に無料で求人を掲載できるため、経営状況の振るわない企業の求人も含まれているからです。

それに対して非公開求人は、企業がコストを払って転職サービスに求人を掲載しています。そのため公開求人と比較して、採用者に比較的高いレベルを求める代わりに、条件がかなり良いことが多いです。

つまりは非公開求人が多い=魅力的なオファーが多いということです。

③サポートが充実しているか


最後は転職希望者へのサポートが充実しているかです。

これは転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントの質や、面接対策や履歴書、職務経歴書の添削サービスなども含まれます。

優秀なキャリアコンサルタントが多く在籍しており、親身に相談に乗ってくれるサービスを選べるかが重要になってきます。

これらの3つのポイントを全て満たした転職エージェントが次にご紹介するリクルートエージェントになります。

オススメの転職エージェント

f:id:ureshino3406:20171114211404p:plain

サイト:【リクルートエージェント】

リクルートエージェントは非公開求人数No.1の転職エージェントです。

こんな不安はありませんか?・自分のアピールポイントが分からない・本当はどの企業が良いか分からない・在職中で時間が取れない

転職活動は、プロを活用する時代です!転職エージェントなら、転職のプロが、マンツーマンであなたの転職を総合的にサポートします! 

①ワンランク上の履歴書・職務経歴書に添削!

アピールポイントを的確に伝える文章で先行を突破!

履歴書はあなたの分身であり、書類選考こそ大事なステップです。

あなたの強みやアピールポイントを客観的に考察し、ご希望の企業に対してのポイントを押さえたアドバイスをしてくれます。

②優秀なキャリアアドバイザー

f:id:ureshino3406:20180117221026p:plain

市場価値を把握する手伝いをしてくれる!

また、転職成功実績NO.1の転職業界最大手なだけあり、業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーが多く在籍しています。 

平日は現職との兼ね合いで転職活動が進まない、相談拠点が近くになくて困難という方にはキャリアアドバイザーが状況に応じて面談をしてくれます。

相談時間➡土日・祝日・平日の20時以降でも対応!

初回面談➡対面もしくは電話OK! 相談拠点数業界最多!

③キャリアップをサポート!

f:id:ureshino3406:20180117220959p:plain

言いづらい年収の交渉代行をおまかせ!

企業に直接言いづらい年収や転職先に求める希望を交渉してくれます。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、あなたの気になる条件をアドバイザーが情報定時し入社後の満足度に繋げます。

だからリクルートエージェントがオススメ!

f:id:ureshino3406:20180116222932p:plain

リクルートエージェントは、担当コンサルタントの質も高く非公開求人も多く取り扱っており、間違いなく業界トップの転職エージェントだと言えるでしょう。

利用するのは完全無料なので今すぐ転職する気がなくても非公開求人を見る目的で、とりあえず登録してみてはいかがでしょうか?

もし魅力的な非公開求人がなければ退会、と気軽に利用してみることをおすすめします!