TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

【体験談】新卒でブラックスーパーに就職したけど、20代後半でホワイト企業に転職できた話

「駆け抜けるビジネスマン駆け抜けるビジネスマン」[モデル:川崎大洋]のフリー写真素材を拡大

就職活動においての新卒切符は人生で一度切りのボーナスステージです。

そのボーナスステージで優良企業へ就職できれば言うことなしですが、世の中にはホワイト企業よりもブラック企業が多いのが現実。つまりは新卒でホワイト企業へ就職する人よりもブラック企業へ就職する人が多いということです。

新卒でブラック企業へ就職してしまった人は果たしてどうするのでしょうか?

洗脳され身も心もボロボロになるまで働き続けるのか、はたまた一発発起して転職活動に励むのか。しかし、多くの場合が転職しても職場環境は改善されず、むしろ悪化してしまうようです。

今回は新卒でスーパーに就職するもあまりのブラックさに3年で退職し、転職エージェントを活用し見事ホワイト企業へ転職成功したAさんの話をご紹介します。

現在ブラック企業やブラック業界にいて転職を検討している方は是非参考にして頂ければと思います。

新卒でブラックスーパーへ

Aさんは偏差値55程度の所謂中堅大学を卒業し地元のスーパーに就職しました。

彼の就職活動の軸は、地域密着型で転勤の可能性がないこと大学でマーケティングを専攻していたことの二点から地元の小売業界に絞って就職活動を行ったそうです。

就職を決めたスーパーの募集要項は、小売業界にしては多い120日以上の休日と、独身寮など様々な手当が充実しており、初任給は19万円と記載されていたそうです。

地元スーパーで一番の待遇だったそのスーパーから内定を獲得したAさんは即座に内定承諾書を送付し就職活動を切り上げてしまいました。彼の一度切りの新卒切符はこのスーパーに捧げてしまったのです。

配属されたのは販売

f:id:ureshino3406:20170727215849p:plain

四月に入社式を行い晴れ晴れしい気持ちで就職したAさん。

大学時代の知識を活かして販売支援(運営企画、販売促進)などの仕事がしたかったAさんですが、配属されたのは販売でした。

スーパーでの販売業務は、レジ打ちや商品の補充、陳列整理、在庫管理などです。また担当売場の不足した商品の発注も業務の一つだったそうです。

ただでさえやりたい業務と異なる職種に配属され不満が溜まっていたAさんでしたが、その不満はこれからの出来事により一層蓄積していきます。

不満その①長い拘束時間

募集要項には勤務時間が10:00~19:30と記載されていたようですが、実際の拘束時間は7:30~21:30だったそうです。

帰宅したら22時を過ぎており、翌日の7時には家を出る、そんな毎日が続くと考えたら働く気も失せてしまいますね。

休日を目指して働くも当たり前のように存在する休日出勤。有給なんてもってのほか。

なお、残業は月20時間しかつけることができないというから悲惨なものです。

不満その②基本給の低さ

募集要項に記載されていたとおり初任給は19万円だったようですが、基本給は13万円しかなかったのです。募集要項に記載されていた様々な手当でかさましにかさましをした結果が19万円だったのです。

基本給が低いとどんな問題があるのでしょう?それは残業代賞与(ボーナス)です。

残業の時給は基本給を一か月の定時分の労働時間で割って出た時給に1.25倍したものになります。またボーナスは基本給×支給月数で計算されます。

つまり基本給が低いと残業代が低く(そもそも20時間しか貰えませんが)、賞与も満足のいく金額にはならないということです。 

因みに一年間必死に働いての昇給額は2000円だそうです。10年働いて2万円の昇給で基本給15万円。厳しいですよね。 

精神的に追い詰められ退職

身も心もボロボロにしながら気づけば就職して3年の月日が経っていました。

退職を決意したことは何度もあったそうですが、店長から「ここで辞めたら、他に行っても続かないぞ!」などと洗脳されており辞められなかったそうです。しかしその後無理がたたり精神を病んでしまったAさんは、半ば強制的に退職に追い込まれました

散々こき使っておいてこの仕打ちは許せませんよね。

 

退職後は一年間ほど療養し転職活動を始めました。

転職活動では小売業界ではなくメーカー企業を軸に求人を探したそうです。

しかし、業界未経験経歴に一年間空白のある20代後半を雇ってくれる企業に巡り合うことはありませんでした。自分の力だけではホワイトな業界、ホワイトな企業への転職が困難であると判断したAさんは転職エージェントに力を借りました。

利用したのはマイナビジョブ20's

 

貯金が底をついていたAさんが利用したのは無料転職エージェントマイナビジョブ20’sです。

結果から言いますと、Aさんはマイナビジョブ20’sのサポートにより希望通りメーカー事務職への転職に成功しました。

なぜ業界未経験で経歴も十分でないAさんがマイナビジョブ20’sのサポートで転職に成功したのか、その理由を説明いたします。

①専任キャリアアドバイザーによるサポート

専任キャリアアドバイザーによるサポート

マイナビジョブ20’sには年間約17,000人の20代が登録しています。

20代の転職を専門にサポートしてきたからこそ、若手の転職事情を熟知しております。経歴に自信がなくても実務経験が少なくても業界未経験でもカウンセリング・書類添削・面接対策・求人紹介など、最適な企業と出会えるよう、転職のはじめから終わりまで徹底的にサポートします。

②サービスは全て無料

サービスは全て無料

マイナビジョブ20’sのサービスは全て無料で利用することができます。

面接対策・書類添削に不安があれば、心ゆくまで何度でもサポートをしてもらえます。

無料なら安心ですね。

③適正診断で客観的に自分を分析

適性診断で客観的に自分を分析

マイナビジョブ20’sでは、毎年世界中で年間数千万人が受験する信頼性の高い適性診断を受けることができます。

自分でも気づかなかった隠れた強みを発見することで、自身にどのような仕事が合うのか、今一度捉えなおすことができます。

だからマイナビジョブ20'sがオススメ

 

マイナビジョブ20’sは、第二新卒者・20代向けの転職支援サービスです。

マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事を紹介しています。
お預かりしている求人も"全て"20代若手社会人・第二新卒を必要としている求人で転職もしやすいです。Aさんのように新卒での就職に失敗してしまいホワイト企業へ転職したい方は、無料ですので是非一度登録してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら➡マイナビジョブ20's