TORECOM

TORECOM

就職・転職のお役立ち情報をお届けします。

みなし残業代=ブラックとは限らない!みなし残業ホワイト企業に転職しよう!

スポンサーリンク

「駄々をこねる新卒の牛駄々をこねる新卒の牛」[モデル:古性のっち]のフリー写真素材を拡大

みなし残業という言葉をご存知ですか?

みなし残業とは、実際の残業の有無に関わらず、あらかじめ給与の中に一定時間分の残業代が含まれて支払われる制度のこと。

みなし残業って何?|エンジャパンの転職大辞典|エン転職

この「みなし残業」の意味を見て皆さんはどんな印象を持つでしょうか?

・みなし残業時間以上に働くのが前提なんでしょ

・みなし残業時間以上の働いても残業代が支払われないこと間違いなし!

・というかみなし残業代を手当に含んでいる時点でブラック企業臭が…。

などなどネガティブな意見が多いのではないでしょうか。

しかし世の中にはみなし残業を手当に含んでいるホワイト企業が存在するのです。

みなし残業があるホワイト企業ってそもそもなんなんだ?」という方にみなし残業のあるホワイト企業の実状をご紹介します!

みなし残業は大きな収入源

「今日も残業が確定した社畜牛今日も残業が確定した社畜牛」[モデル:古性のっち]のフリー写真素材を拡大

一例ですが、私の友人の務める企業ではみなし残業制度が導入されています。

みなし残業代は時給×1.25×30で30時間分のみなし残業代が支払われているそうです。

基本給27万円であれば、一か月の労働時間を8時間×20日=160時間として計算すると、27万÷160時間=1687.5円。

これが通常の時給になりますので、残業代は1687.5円×1.25=2109.3円になります。

この時給で30時間分ですので2109.3円×30時間=63281.25円となります。

6.3万円のみなし残業代です。あるのとないのとでは大分違いますね。

みなし残業ホワイト企業って!?

「街中のアンケートに答えたら怪しい場所に連れて行かれた街中のアンケートに答えたら怪しい場所に連れて行かれた」[モデル:古性のっち]のフリー写真素材を拡大

みなし残業ホワイト企業」とはどんな企業でしょう。みなし残業=ブラック企業のイメージが強い方には、驚愕のフレーズかもしれませんね。

みなし残業代が大きな金額になることは先ほどの一例で伝わったかと思いますが、これではホワイトな要素がありませんよね。

彼の務めているみなし残業ホワイト企業のホワイトたる所以はその残業時間にあります。

なんと彼の平均残業時間は12時間なのです!

2109.3円×12時間=25311.6円ですから63281.25円-25311.6円=37969.65円となります。

18時間分の3.7万円も多めに貰っているなんて羨ましいですね。

設定されたみなし残業時間よりも実質残業時間が少ない、これがみなし残業ホワイト企業なのです。

 そんな会社滅多にないんでしょ?

「ちょっと仕事が出来そうな牛部長ちょっと仕事が出来そうな牛部長」[モデル:古性のっち]のフリー写真素材を拡大

そのとおりです。

実際例のように設定されたみなし残業時間を実質残業時間が下回る企業は少ないでしょう。

しかし少ないながらも、みなし残業ホワイト企業が存在するのも事実です。

どうでしょう、みなし残業ホワイト企業へ転職したいと思いませんか?

ここで私が実際に活用したみなし残業ホワイト企業の探し方活用した転職エージェントをご紹介します。

みなし残業ホワイト企業の見つけ方

「牛のかぶりものをした講師が登場牛のかぶりものをした講師が登場」[モデル:古性のっち]のフリー写真素材を拡大

みなし残業ホワイト企業を見つける一番の方法、それは転職エージェントへみなし残業制度のある求人をピックアップして紹介してもらうことです。

そして、紹介された求人の中に、みなし残業時間よりも平均残業時間が少ない企業があればそれこそがみなし残業ホワイト企業です。

一番のポイントは利用する転職エージェントです。

みなし残業ホワイト企業はいわゆるレア求人ですので、転職エージェントによってはいくら条件を提示して待てどもみなし残業ホワイト企業には巡り合えません