TORECOM

TORECOM

音楽・スポーツ・芸能などのエンタメ最新情報やお役立ち情報をお届けします。

第二新卒者や転職者はトヨタグループ子会社の内定獲得を目指せ!年収・福利厚生そこそこイイぞ!

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/00_PP47_PP_TP_V.jpg

近年ブラック企業の不祥事が多く取り上げられ、就活生のホワイト企業志望度がより高まっています。

志望者全員がホワイト企業に内定をもらえればいいのですが世の中そんなに甘くはありません。

一流ホワイト企業の選考といえば、高学歴が集まり試験は難関のうえ高倍率、内定を獲得できるのは体育会系の高学歴達、いわゆる就活エリートです。

充分な学歴がない場合、面接はおろか筆記試験さえ受けさせてもらえずに学歴フィルターで弾かれてしまいます。

低学歴はブラック企業に就職するしかないのか

否。断じて否です。

一流ホワイト企業は不可能であっても、ノーマルホワイト企業の内定を獲得できる可能性は大いにあります。

 目次

トヨタグループって知ってますか

http://www.toyotahome.co.jp/tokutyo/safety/image/mr3_img2.png

▲主なトヨタグループ

唐突ですがトヨタグループをご存知でしょうか。

トヨタ自動車やその母体となった豊田自動織機が出資、設立した企業により構成される。トヨタ自動車の発展と共に形成されてきたグループゆえ、自動車関連の事業を行う企業が多い。トヨタグループの部品サプライヤーにはアイシン精機デンソーなど、技術力が評価され、トヨタグループ以外の自動車メーカーにも部品供給をしている企業も多い。それら企業力のあるグループ企業の中には、事業規模の拡大に伴う関連会社の設立により独自の企業グループも構成するようになっている。アイシン精機、デンソー、豊田通商などがそれら企業に該当する。豊田自動織機をはじめ、デンソー、アイシン精機、トヨタ紡織、トヨタ車体など、愛知県刈谷市に本社を構えるトヨタグループの会社が多い。

トヨタグループ - Wikipedia

豊田自動織機、デンソー、アイシン精機、豊田通商、トヨタ自動車などのトヨタグループ会社は言わずと知れた一流ホワイト企業です。

高年収で福利厚生は手厚く将来性もあります。

これらの企業に就職できれば将来安泰といっても間違いないでしょうね。

しかし冒頭で述べたようにこれらの企業の選考は、就活エリートしか勝ち抜けません。

学歴は甘く見ても最低でMARCH、関関同立レベルを求められます。

トヨタグループ子会社は穴場!?

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OZPAyatta_TP_V.jpg

トヨタグループ企業は多くの子会社を所有しています。

このトヨタグループ子会社こそが低学歴の生き残る最後の頼みの綱です。

まったりとした平均以上の暮らしを求めている方にはうってつけです。

 トヨタグループ子会社のメリット

・経営基盤が安定している

・親会社の名前を借りて営業をするため商談がうまくいきやすい

・年収がそこそこ(親会社の7~8.5割)

・社内競争が少なく基本的にまったり

 ・福利厚生が手厚い

私は豊田通商の子会社に転職し数年働いていましたが、20代後半で年収は500万円程でした。サービス残業は勿論なく、福利厚生は親会社に準拠しているため満足のいくものでした。

因みに豊田通商グループ会社の社員学歴は日東駒専、産近甲龍、愛愛名中レベル~MARCH、関関同立、中堅国公立レベルでした。

少数ですが上位国公立大学や早慶など難関私立大学出身の人もいます。

微妙な学歴で彼等と同じ待遇で働ければお得です。

f:id:ureshino3406:20170312173851j:image

↑こちらは親会社豊田通商の採用実績校です。

そうそうたる大学名ですね。最低でもMARCH、関関同立レベルですので子会社との難易度の違いが凄まじいです。

この内定難易度の差がありながら、親会社とほぼ同じ手厚い福利厚生を受けることが出来る子会社社員はありがたいですよね。

trnws.hatenablog.com

トヨタグループ子会社のデメリット

・親会社に逆らうことができない

・出世に限界がある

 ・親会社社員より数字を取っても給与は絶対に勝てない

・親会社から出向してきた人がいきなり上司になる

・競争意識が薄れる

いいことばかりではないのがこの世の中です。

ガツガツ仕事をしてどんどん出世したい!という方にはオススメできない環境になります。

上の役職は親会社から出向してきた人で満席になることもしばしば。

生粋の子会社社員はいくら有能でもある程度の役職までしか到達できないのが現状です。 

豊田通商グループに就職・転職するには

転職活動にはマイナビジョブ20's がぶっちぎりでオススメです。

マイナビジョブ20's の取り扱い求人は、通常の転職サイトでは掲載されていないような"非公開求人"が 80~90%を占めているため、トヨタグループ子会社のようなホワイト企業求人が盛り沢山です。

続いてマイナビジョブ20'sの強みを紹介します。

①専任キャリアアドバイザーによるサポート

専任キャリアアドバイザーによるサポート

マイナビジョブ20’sには年間約17,000人の20代が登録しています。20代の転職を専門にサポートしてきたからこそ、若手の転職事情を熟知しております。カウンセリング・書類添削・面接対策・求人紹介など、皆さまが最適な企業と出会えるよう、転職のはじめから終わりまで徹底的にサポートします。

②サービスは全て無料

サービスは全て無料

マイナビジョブ20’sのサービスは全て無料で利用することができます。面接対策・書類添削に不安があれば、心ゆくまで何度でもサポートをしてもらえます。無料なら安心ですね。

③適正診断で客観的に自分を分析

適性診断で客観的に自分を分析

マイナビジョブ20’sでは、毎年世界中で年間数千万人が受験する信頼性の高い適性診断を受けることができます。自分でも気づかなかった隠れた強みを発見することで、自身にどのような仕事が合うのか、今一度捉えなおすことができます。

マイナビジョブ20's は、第二新卒者・20代若手向けの転職支援(人材紹介)サービスです。マイナビグループだからできる、良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策であなたに最適なお仕事を紹介しています。
お預かりしている求人も"全て"20代若手社会人・第二新卒を必要としている求人で転職もしやすいです。この記事で紹介した豊田通商グループ会社のような比較的ホワイトな職場に転職したい方は是非登録してみてください。

まとめ

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150425084643_TP_V.jpg

トヨタグループ子会社は低学歴な就活生や、キャリアのない転職者でもコミュニケーション能力次第で内定を獲得できます。

そこそこの年収と手厚い福利厚生でまったり生活したい人は是非トヨタグループ子会社を検討してみてください。